読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

このままマジで老人の国になるんですかね( −−)

多くもないが少なくもなさそうな、例。

30過ぎまでそこそこ働いて1人気ままにやっていて、

多少は貯金もしてたが、

子供ができたんで結婚することになり、

子供1人あたり教育費が20年で3000万ぐらいかかって、

それ以外にも普通に日常の生活費はかかって、

それでもまぁなんとか子供3人、

トータル20〜30年もの間、

子育てを終えてみたら自分はもう60歳、

いよいよ夫婦水入らずで旅行にでもとか思ったら、

親の介護が始まって、

そこでまた10年近く家を離れることもできす、

やっと終わったと思ったら今度はもはや自分が介護される側、

貯金も底をつきて頼みの綱は3人の子供らだけ、

つまりはまた子供たちに負の連鎖が回ってくる。

なんだろうな、人生って( −−)。o

そりゃこんな例を、

よくあることみたいにTVとかでちょくちょく出されたら、

結婚しないヤツも増えるゎな( −−)。o

だが本当に多数が独身で老人になった時、

社会はどうなっているだろう。

独身老人が多いってことは、

それ以上に若年層が少ないってことで、

しかも自由奔放におもしろおかしく消費ばっかりしてきたから、

自分の老後を賄う貯金も無いし、

生活保護とか年金とかじゃ、もはや支え切れんしな。

個人としての結果は同じようなものだが、

1人でどうにもならなくなる分、

孤独死高齢自殺が増えそうだ。

回避するには結局、

全員が介護不要の健康体のまま一生涯通すことと、

金とタイミングと、それらを上手く使える機転なんだろうな。

それに日本は旧式社会だから、

事実婚を普通の結婚と同じように扱う法律も慣習も無いんで、

結婚のハードルが高過ぎて、

ノリで結婚っぽい暮らしをしてみようかな、

が難しいんで、

自由な独身生活の延長の結婚、

というものが成立しづらい。

だから独身で楽しい人達はますます遠のく。

子供を安価でお気楽に育児施設に預けるシステムも、

諸々の面で成立していない。

老人の国は、さらにその後、どうなるだろう。

いつの間にかじわじわと増殖した異国民たちに、

新しい日本の形を無理矢理形作られていくのだろうか。

よっぽど何かを上手くやって国そのものが金持ちにならないと、

見通し暗いな。

ももう無理なんだろうな、

このシステムとその担い手では。

100年もつかね。

100年前は第一次世界大戦と、

大正デモクラシーとか言ってた頃か。

別世界のようだな、100年違うと。

アメリカのロードマップでは、

日本を今後どう扱う予定なんだろうな。

最初からこうする予定だったのかな、

だとしたらものすげぇ計画力というか、未来予知というか。

うーん、とにかく金持ちになる以外に、

何も思いつかん(笑