読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まともな経済学者がいない

 そもそも、現在の日本経済がデフレ不況なのも、

 国民の生活が苦しくて、長時間労働&過労死にさらされて、

 非正規雇用ワーキングプアなのは、

 とっくの昔に 『 需 要 が 減 っ て い る か ら 』

 なんだよ、それくらいわかれよバカ経済学者!

 需要が減ってる具体的な理由は、

 アベノミクス以前に、超低金利(無金利)で市場にマネーはあふれていているんだけど、

 投資先としては株式しかないから、株価はあがる。

 株価があがって株主は嬉しい。

 そして、世の中は 株主優遇 に偏っていき、経営者は企業業績をよくみせて、株価をあげるために、『コストダウンして利益をだすために、人件費を削る』 ことと 『設備投資もしないで、利益は内部留保にまわして、財務状態をよく見せる』 ことをしてきた。

 その結果が、【 需 要 の 激 減 】 として、デフレ不況をまねいた。

 リストラとは、給料そのものが消滅することで、需要がなくなる。

 設備投資こそ巨額の需要そのもの。

 これらは、バブル崩壊以後、どんどん減らされたものであり、

 その影響が、過労死と不安定雇用となって、国民生活を悪化させている。

 設備投資需要がなくなれば、製造業や建設業の売上も減る。

 悪いことばかりだ。

 それらは、少子高齢化よりも遥かに日本経済を蝕んでいる。

 

 国民ひとりひとりが百円節約する以前に、

 国民ひとりひとりの所得が、それ以上に減っているのだ。

 とっくの昔に、個人消費など減り続けているのだ。

 減っているからこそ、デフレであり生活が苦しいのです。

 これでもし、デフレじゃなく物価が高かったら、

 スタグフレーションとなって、自民党政権は崩壊します。

 ゆえに、安倍政権を経済的に壊したければ、

  物 価 を 上 げ れ ば い い のです。

 物価が2%もあがれば、生活できなくなったひとたちがどんどん死んでいきます。

 そこまでいかないと、自動的に自民党に投票するひとたちは、共産党に投票してくれないでしょう。

 経済学者はバカでも自称できる。

「安倍政権を倒す為に死ねということか」など批判殺到! 経済学者が「国民一人1日100円節約」を『Twitter』で提唱