読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆今日4月17日誕生日はこの方!

 おはようさんです。薄日の月曜日はだらーんとした気分、夕方から雷雨もありそうな春の嵐がやって来るとお天気ねぇちゃんの話ですが、エセ予報士の私はもっと早く昼から降り出しそうと周囲に予報(笑)。昨日の野外活動で右膝を捻ってまだ疼きます。おまけにはもう暑いのなんのって、27度近い夏日でした。う〜む、いよいよ汗ばむ季節で加齢臭+アルファで「臭〜い」と言われないように清潔にしないとなりません(^^;。水分補給も注意ですね。動画はオウムvsペットボトル。こぼさず飲み切るのは苦手、まさか飼い主の真似だったり(笑)。

https://www.youtube.com/watch?v=-GIktx9ognA&feature=youtu.be

フットボールの楽しさ伝播のため愛の玉蹴り伝道師(笑)が凹まずお薦めの今日の動画はこれだ(-_☆)V!我がわんこ、勝てないで苦しむ相手に弱いのが特徴(苦笑)。‘川中島ダービー’、今季最初は上杉方に軍配でした。

 中盤でいいように取られるしどれもCKから失点で完敗、それだけです(^^;。ウイルソン不在ダケデもいろんな意味で駄目でした。今季新潟に初の勝ち星とそれがJ1通算150勝目をプレゼントでありました。見直し用にNHK甲府の中継録画しましたが観ないで削除(^^;。切り換えて次の大阪桜組との対戦に供えよう!

・Jリーグ・ディビジョン1・第7節 ヴァンフォーレ甲府 (0-2) アルビレックス新潟

https://www.youtube.com/watch?v=PDKO4fFzIIY

・得点シーン1:前半11分、CKの流れ(折り返し)をこの春高卒の原輝綺のヘッドで新潟先制。初ゴールだそうで・・・。

https://www.youtube.com/watch?v=HlSVIxlswT0

・得点シーン2:後半7分、またCKから矢野貴章のヘッドに合わされて新潟に追加点を許して、甲府は再三のCKもFKも活かせないんだから負けて当然。

https://www.youtube.com/watch?v=b9MFHLtBA-g

※新規な方が見つかり難くなりつつあります(苦笑)。今年も東西ミュージシャン(楽曲指名もOK)でもぞの分野の誰でも誕生日アップのリクエスト募集中。365日いつでも歓迎。下書きは大凡作ってありますが出来たら前日より前にお願いします。

★今日4月17日誕生日はこの方!

大阪府吹田市生まれの漫画家、桑田二郎桑田次郎)(1935)。13歳でデビューの天才と言われ手塚治虫の代筆も務めたとかなんとかもヒット作品連発の中、銃刀法違反等トラブルで突然消えて→その後仏教や精神世界を描く分野に転身でした。私の世代では「まぼろし探偵」や「月光仮面」でもなくリアルタイムだと「エイトマン」の記憶です。あれはまだアニメというよりテレビ版紙芝居にやや動きみたいなものでしたかね。でも新鮮で格好良かった印象で、丸美屋のふりかけ「のりたま」のおまけのシール欲しさに親に強請っていました。半世紀過ぎてものりたま以外受け付けません(笑)。

・アルゼンチンのブエノスアイレス州ブエノスアイレス生まれで2歳で両親離婚で母親母国イギリスのロンドン育ちの女優、オリヴィア・ハッセーOlivia Hussey 1951)。父親はアルゼンチンのオペラ歌手だったそうです。何と言っても68年「ロミオとジュリエット(Romeo and Juliet)」と布施明と結婚の印象しかないことに気がつくのであります(^^;。今はどうしているのでしょうか。

・東京都のどことか生まれのサッカー審判、西村雄一(1972)。都立新宿高→94年電機関係専門学校を経て会社勤務のかたわら審判資格を取得してアマチュア・リーグの審判として活動→2004年プロ試合も可能な資格取得してJリーグの多くの試合で活動。2007年日本人審判として初の国際大会で決勝戦で主審を務めました(AFCアジアカップとU−17W杯)。2004〜14年までFIFA国際審判。2010年W杯南アフリカ大会で4試合審判団に入り→14年W杯ブラジル大会での開幕戦で主審を務め高らかにPKの笛を吹きました(^^;。・・・と経歴は素晴らしいであります。

★4月17日誕生日はこの方!(新規で〜す()

■今日誕生日!(友達のマナミッチさんリクエストありがとうございます)。西ドイツ(現、ドイツ)のノルトライン=ヴェストファーレン州ハム生まれの元西ドイツ代表(80〜83年)のFW、指導者、ホルスト・ルベッシュ(Horst Hrubesch 1951)。少年時代はハンドボール選手トシテ活躍してタイル職の資格を得て働きながらアマチュア・クラブで71年地元ゲルマニア・ハムでスタート→71〜72年ハマーSPVG→72〜75年SCヴェステューネン→75〜78年ロートヴァイス・エッセンEVで24歳でプロ契約して83試合80得点で注目→78〜83年ハンブルガーSVで159試合96得点と大活躍してクラブのブンデスリーガ初優勝と翌年も優勝と得点王となりチャンピオンズかップ(現、CLの前身大会の一つ)で準優勝と翌年は初優勝に貢献→83〜85年ロイヤル・スタンダール・リエージュ(ベルギー)で52試合23得点→85〜86年BVボルシア・ドルトムントで17試合2得点→87〜88年SCヴェステューネンで腰痛のため引退。代表(西ドイツ)で21試合6得点で80年欧州選手権では活躍して優勝と82年

W杯スペイン大会も出場の愛称‘ヘディング・モンスター’でしたね。監督歴は86年古巣の当時ブンデスリーガ2部のロートヴァイス・エッセンEV→87〜88年SCヴェステューネンとここまで選手兼任→88〜89年VfLヴォルフスブルク→91〜92年スヴァロフスキ・チロル(スイス)→93年FCハンザ・ロストックでは2部降格→94〜95年1.FCディナモ・ドレスデンではクラブ破産(^^;→95〜96年FKアウストリア・ウィーン→97年サムスンスポル(トルコ)→2000年ドイツ代表アシスタント・コーチ→00〜13年ドイツ・ユース代表アシスタント・コーチ(→09年U−21代表)→13〜16年ドイツU−23(五輪)ドイツ代表で各年代別代表での指揮官として実績を重ねて五輪ブラジル大会ではブラジルに破れるもベスト・メンバー招集出来ない中を準優勝。いい動画なかったのでこちらですが、この大会のこの試合DFのマンフレート・カルツと共に活躍してレアル粉砕でしたよね。ファイナルはノッティンガム・フォレストに負けて準優勝。

https://www.youtube.com/watch?v=DaKlP0EuxWM

◆4月17日誕生日洋楽ミュージシャン!

・イギリスのランカシャー州(現、マージーサイド州)リヴァプール生まれのポップ・シンガーでSW、ビリー・フューリー(Billy Fury 1941--1983-01-28)。何度か復活を図りレコード会社転々も70年代から持病の心臓病悪化手術で医師から音楽活動止められますが強行し83年に亡くなりました。55年自身のバンド結成で58年自作曲でタレント・コンテスト優勝→59年デビューして60年代前半までクリフ・リチャード(Cliff Richard)等と競う活動で一世風靡も同郷出身の4人組台頭で一気に人気急降下。デッカ(Decca Records)を去りその後は心臓病と闘いながらの活動でした。

チェコスロバキア(現、チェコ)の中央ボヘミアプラハ生まれのキーボード・シンセサイザー奏者でSW、ヤン・ハマーJan Hammer 1948)。 10代からジャズ・ピアニストとしてチェコのジャズ界ホープの嘱望も68年ソ連侵攻(プラハの春)を契機に渡米。バークリー音楽院卒で71年マハヴィシュヌ・オーケストラ(Mahavishnu Orchestra)に参加の後の75年ソロ・デビュー。主にはスタジオ・ミュージシャンとして活動で多数ミュージシャンの録音参加でも知られていますね。

ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれのギタリストでSW(作曲家)、マイケル・センベロ(Michael Sembello 1954)。ジャズのパット・マルティーノ(Pat Martino)に師事でセッション・プレイヤーの腕を磨きスティーヴィー・ワンダーStevie Wonder)やマイケル・ジャクソンMichael Jackson)やスタンリー・クラーク(Stanley Clarke)等のジャズからR&Bまで多方面の録音参加と80年代には映画音楽も手掛けて活躍でした。

カリフォルニア州サンペドロ生まれのジャズ及びロック系ドラマー、マット・チェンバレン(Matt Chamberlain 1967)。幾つかのバンドでのドラム担当を経て91年デビュー直前のパール・ジャム(Pearl Jam)のツアー参加のみで脱退→その後は主にセッション・ドラマーとして活躍して、アラニス・モリセット(Alanis Morissette)やピーター・ガブリエル(Peter Gabriel)等の多くのミュージシャンの録音参加→2005年ソロ・デビューで複数のコラボやユニットでの活発な音楽活動を転回しているそうですね。

・イギリスのエセックス州ハーロウ生まれでハートフォードシャー州のどことか育ちのポップ・シンガー、モデル、ファッション・デザイナーで実業家、ヴィクトリア・ベッカム(Victoria Caroline Beckham 1974)。父親は電子工学技術者で家庭は裕福でロールスロイスで通学とかなんとか。学校では疎外感を味わいミュージカル観賞で音楽を志望して17歳から音楽とダンスを学んでいたところを雑誌企画の女性ポップ・グループにスカウト→グループは96年にデビューして綿密なマネージメントの結果たちまち世界的人気グループとなり解散の2000年までヒット連発だったスパイス・ガールズSpice Girls)の無愛想キャラのポッシュ・スパイス (Posh Spice)。2001年ソロ・デビューも本人希望のr&b路線ではなく活動も消極的になり他分野での活動を展開の純資産3億ドルらしい“ベッカム夫人”です(笑)。

 こうした方々から一曲参ります。ヤン・ハマーにします。82年のこちらとコラボ。実はジェフ・ベックJeff Beck)とのコラボで互いに高評価もあり、期待でした。ま、そんなところだったんですが個人的にはムニャ(^^;。

・ノー・モア・ライズ - ニール・ショーンヤン・ハマー

 No More Lies - Neal Schon & Jan Hammer

https://www.youtube.com/watch?v=sh93oEqBHbY

★4月17日誕生日洋楽ミュージシャンはこの方!(新規これだけ)

■今日誕生日!(友達のサルサマンさんリクエストありがとうございます)。ミシガン州デトロイト生まれのR&B及びフィラデルフィアソウル・シンガー、ヴァロリー・ジョーンズ(Valorie Jones 1956--2001-12-02)。45歳。ブレンダ(Brenda Jones)とシャーリー(Shirley Jones)の姉と共に60年代半ばから当初はゴスペルを中心に歌う姉妹トリオのジョーンズ・ガールズ(The Jones Girls)として活動。68年にケニー・ギャンブル(Kenneth Gamble)とレオン・ハフ(Leon Huff)のコンビにより初の録音で本格的な音楽活動。当初はペンシルベニア州フィラデルフィアを拠点にしながらダイアナ・ロスDiana Ross)やリンダ・クリフォード(Linda Clifford)やタワー・オブ・パワーTower of Power)等のバック・コーラス等で活躍。80年代に入り徐々にリリースするレコードが好評となり90年代には姉妹それぞれ並行してソロ活動もあったようです。

選曲いただいた動画はこちらで、81年米R&B23位のシンシア・ビッグス(Cynthia Biggs)とデクスター・ワンセル(Dexter Wansel)の共作。同年アルバム「ゲット・アズ・マッチ・ラヴ・アズ・ユー・キャン(Get as Much Love as You Can)」3曲目カット。

・ナイツ・オーヴァー・エジプト - ジョーンズ・ガールズ

 Nights Over Egypt - The Jones Girls

https://www.youtube.com/watch?v=pzxwZ6wjDAM