読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

罪人への詩。

「さあ、君と僕とで始めるんだ。ありとあらゆる全ての門を閉め、奴らを閉じ込めよう。

奴らの愛する狩りの時間は終わりを告げ、贖罪の時が始まる。

余りの厳しい罰に彼らは情けを請うだろう。

でも、それすら許されない大罪を彼らは何年もの間、犯してしまった。

罪人よ、まもなくその頭上に裁きの雷が落ち、その魂は永遠の業火にさらされるだろう。

まさにそこは煉獄である。

そう、そしてこれは彼らにとって福音である。

これはまもなく起きる予言である。」