読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

合縁奇縁 一期一会 袖すり合うも多生の縁

時が経つのは早いもので、別れの季節が顔を出しました。

要するに番組改編期、16年秋開始〜17年1月開始アニメの終了の時期。

個人的にはこの2クールは

ドリフターズジョジョの奇妙な冒険ダイヤモンドは砕けない

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ・シーズン2、刀剣乱舞花丸

けものフレンズハンドシェイカー、闇芝居4期

この辺だったかな、見てたのは。(見逃しまくりなのもあったけど)

まずドリフは原作は1巻しか読んでないけど、とてもおもしろかったと思う。

TBS版ベルセルクがショボく見えるほどにアクションや血しぶきはガッツリ描いてて、妥協がなかった。

原作が現在5巻までで、どうやら4巻の内容まではやったらしいので、当分は続きのアニメはできないだろうけど、やるならば見逃せないと思う。

春から放送していたジョジョは当然の面白さだった。けど…

秋から勇者ヨシヒコと導かれし七人が始まってしまい被ったのが辛かった…!

だから正確には秋からはヨシヒコの方を重視していた感じなんだ…

(ヨシヒコはアニメじゃないだろ)

お陰で最終決戦で吉良吉影の「勃起しちゃいましてね」が見られなかった…

さて5部はいつやるかなー。少なくとも6部までは絶対やるって。

オルフェンズは…実は殆ど見てなかったんだ…

いや、つまらないとかじゃないんだけど。

でも途中から嫌な感じになったんだよね…アニメがじゃなく視聴者の感想が。

シーズン1の頃と打って変わって、酷評が増えた。シナリオとかキャラとかの。

実際脚本家がアレで有名なナニなので仕方ないっぽいけども…

そういうのもあって素直に見られないのもあった。

(過去に個人的な似たような事件として『おおかみこども大批判事件』がある)

終盤に来て連続して見てるけど…この調子だと次の最終回が怖い…

物語が、ではなく評判が。

俺は俺で楽しみたいのだ。

俺の好きなよう感じればいいだけだけど、やはり外野の声は気になる…

刀剣乱舞花丸は…まぁ「無難なアニメ化だったな」くらいかな…

おふねのアニメもこうすればよかったのにね、というのはおふねのアニメ見てない人間でも評判から思った。

けものフレンズは「奇跡起こす最高のケミストリー」ってくらいすごい。

もともとアプリ版から好きで、昨年初夏のアニメ化発表から期待しまくってたアニメ。

でも、突然年明けにアニメ放送を控えた12/14を以て、終了…

アニメ開始直後にアプリ運営のネクソンが言うには

「アプリ運営中は残念な結果だったから、やめるしかなかった。再開や新作も無い」

ということでガックリした…

しかも、アニメ放送当日は

「一話で切るわ」

「5分アニメ?え?30分なの…?本気かよ…」

ハンドシェイカーと合わせてクソアニメ」

ハンドシェイカーと合わせて苦行アニメ」

ハンドシェイカーと合わせて魂の修練」

ハンドシェイカーと合わせて時間の無駄」

などと何故かハンドシェイカーと合わせてクソアニメ認定。酷評の嵐。

ええ、ツイッターでの俺のTLでも「なにこれ…」という感想だらけで、ありがたがって興奮してる俺が変人みたいな状態でした。

…まぁいつもの「俺がドハマリする・大注目しているアニメは世間ではクズ扱い」のパターンだった…

が、3話から突然のものすごい手のひら返し。

もう手のひら返しどころか神砂嵐か何かかと思ったね。

あれだけバカにしておいてよくもまぁ…!俺はあの1話の夜のことを生涯忘れんぞ…!

で、終わったのがこの火曜深夜というか本日水曜なわけだけど…

最高だった。

これは…俺としてはスタドラ以来のパーフェクトっぷりだ…!

最初から最後まで文句のつけようもなく完璧だった…

オルフェンズ1期もそうだったんだけど、2期でやらかしてしまったからな…

でもけものフレンズは「低予算」「少人数」「低人気」「ほぼ無名」って状態からものすごい爆発力でやり遂げた!

「この間サービス終わったゲームのアニメ化なんだぜw」とか間違った情報でバカにされたりしてたのに。

(もともと1つの「けものフレンズ」という作品を作るプロジェクトがあり、順番的にアプリリリースが最初になり、それからコミック連載、最後にアニメということになった)

なのでアプリがほぼ無名な状態からのアニメ放送当日の酷評とかとてつもなく苦しい状況だったのに…

やってくれたぜ、けものフレンズは!

コレばかり語っちゃうくらいなので、語るなら別に枠を作って語るとして…とにかく最高だった。

ありがとう、たつきちゃん、みねちゃん、たなべちゃん…みんなすごいフレンズだね…!

ハンドシェイカーは…さすがの俺も「爆死なのかオイ!?」ってなった…

これもけものフレンズアニメ化くらい早く知ってて期待してたんだけど…

第1話が始まったら前述のけもフレとセットで酷評よ!

個人的には面白かったんだけどなぁ。そう、「面白かった」なんだ…

いつも大体俺は好きなものができると盲目的・狂信的に愛するので疑いなくドハマリし、逆らうもの(批判する人)とかいたらちょっと何やらかすかわかんないよ、ってくらいになるんだけど…

その俺でも終盤は頭を抱えた…!

コダマ&ヒビキというアイドルコンビが登場してからかな…ここからさすがの俺も構成や脚本がおかしい、雑だ、って気になって仕方なかった…

いろいろあって11話でヒロインと姉の出生や、その親がやっていたこと、主人公のサポート役の学者の過去とか説明されたんだけど…

それが最終回の前に語られる内容じゃなかった。

徐々に風呂敷を広げてたためなくなったんじゃなくて「いきなりマジックのように目の前で広げられた感じ」だった…

当然、最終回ではまっっったく今までの、そして11話の伏線というか色々な謎は回収されないまま終わり…

「え?あの、これ、二期あるんですよね?だからこんな終わらせ方なんですよね?」

ってなったけど、今のところ公式ツイッターからそういう匂いは感じられない。

すべての放送枠での放送が終わってから発表、と期待したいんだけど…なんかこれで終わりっぽさも出してるんだよな…

最終回のラストカットで全く知らない新しいキャラが顔出してるのに。

これで二期無かったら、さすがの俺も「この…クソアニメがぁぁぁぁ!」ってなるわ…

大丈夫なのか、このアニメイト30周年記念応援作品…

(他にも応援作品あるらしいから「これはハズレ」扱いの可能性あるけど…)

闇芝居は…もうやらなくていいよ、もう…

去年の1月からやってた3期よりはマシ(なにせアレが最低なのでそうそう最低は塗り替えられないだろう…)だと思うけど、やはりダメであった。

内容はね…面白い回とかあったんだけど…なんか5分枠のホラーのくせに変に凝って作ろうとして、情報不足で「ハァ?」ってなる話ばっかりで。

(情報不足による不穏さを残すのはホラーの常套テクニックだけども)

あと毎回語り手を変えるって手法も失敗だったかなって…

今までは作中の人物が普通にアニメとして動いて喋って物語を見せてたけど、4期はなぜか突然本当の紙芝居みたいに語り手による語りで進行するようになった。

結果、キャラたちが喋ってるのが聞こえにくかったり、目に見える演出と語りが噛み合わず面白くないということに…

ああ、それと一番ふざけんなって思ってたことは放送時間が1クール12話のうち9話くらいは3時〜4時以降だったこと。

…これさ、3期もそうだったんだよ…?26:05始まりのアニメなのに…

「絶対に放送休止前じゃなきゃダメ」ってこだわりか、契約でもあったのだろうか…?

3期も4期も(というか1期からずっと)25:35からのアニメがあって、その後が闇芝居の時間だったんだけど…

3期も4期も何故かそのアニメ(今期は銀魂)の後に他の番組が2つ3つ4つ…と毎週のようにねじ込まれて、結果的に闇芝居が28:05から、とかもうそれ深夜じゃなくて早朝アニメだろって時間に…

あのね、流石に録画設備もない俺も好きなアニメシリーズだからってここまで起きてられんよ…毎週…

ああ、先日最終回だったけど最終回もコレだったから、結局見なかった。

1期2期を担当した監督、どうか闇芝居に帰ってきてくれませんかね、影鰐やってない間に…

(多分今は影鰐3期作ってるんだろうな…)

でも、まぁ、闇芝居5期は…もういいや…影鰐に移動した監督が帰ってきてくれない限り…

そりゃ影鰐が「面白い闇芝居」って言われるわな…

とりあえずこんなもんか。この春までのお気に入りだったものは。

ランクでいうなら…

ミラクル:けものフレンズ(スタドラに匹敵するお気に入り)

SSS:ドリフ、ジョジョ4部(流石のマンガ原作モノ)

SS:該当なし

S:該当なし

A:オルフェンズ、花丸(普通)

B:ハンドシェイカー(惜しい…)

E:闇芝居4期(もうダメか…)

って感じかな。

いやホント「けものフレンズ」は最高だわ…奇跡としか言いようがない。

いや俺は信じてたけど、ここまでの不評から大逆転劇を見せて完璧な最終回までの12話をやりきったってのはすごいよ。

とりあえずけものフレンズはアプリ、コミック、アニメとひとまずのメディア展開は落ち着いたけど、アニメのお陰でグッズとかこれからたくさん出るから、まだ楽しみいっぱいだ。

ありがとう、たつき監督、吉崎先生、しんざきおにいさん…

さて、この春は…どんなアニメがあって、俺が選べて俺が楽しむことができるのかねぇ。