読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一年経って

昨年の今時分朝の通勤時事故に遭いました左手の亀裂骨折多数頭部を強打重度の脳震盪を負いました脳震盪は以後後遺症を負うことになり治療が長引きましたさて、長引いた治療も経過観察となり昨夜の受診で、めでたく終了となりました五回撮影されたCT画像を交えながら最後の所見と今後の方針を検討しました左手の指に出現するゴーストペインは内服薬と塗り薬で緩和されるのでこのまま継続間隔が狭まれば加療頭痛は、その位置が認知出来るようで在らば通院加療脳脊髄液を増やす薬は継続となりました一番初めのCT画像を見ると白く映る部位があり、まさに梗塞か滞留が認められもはや、機能障害は避けられない状態でした初期治療が適切であったのか画像処理の限界かこの回復状況は、まさにレアケースなのかどれと結論付けるのは難しいですただ、悪い状況でありながらすべての加療が適切であり今の状態を迎えてるのであらば症例としては最高でしょう過激な運動は徐々にすべての運転が許可されましたやっと事故前に戻りましたね.