読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イチローがヘイトスピーチ?

イチローが韓国をバカびした、というニュースが2chで流れていたが、

どうもおかしな話になって居た。

TBSが変な気を使って、「韓国で頑張れ」の部分を隠してしまったので、却って不自然さが目立つ。

スポニチアネックスニュースを見ると、

「メジャー最年長野手のケガが軽傷であることが分かるとナインのいたずら心がさく裂。イエリチとボアがバーンズのロッカーからネームプレート、シューズなどをきれいに片付けてしまい、イチローを尊敬するゴードンは『お前はクビだ!幸運を祈る』の紙を張った。イチローもサインを添える粋な計らい。クラブハウスは爆笑に包まれ、責任を感じていたバーンズも『部屋に飾るよ。これで俺も日本で仕事を見つけられるかな』とジョークで返した。イチローは『こういうのアメリカっぽいよね』と笑顔。常々『最高のチームメート』と話すマ軍の雰囲気の良さが垣間見えた。」

とある。

別にイチローがヘイトトークしたのではなく、

メジャーでは、韓国をジョークのネタにすることが普通に行われているということなのだろう。

言換えれば韓国は普通にジョークのネタにされる国であり、

TBSはそれを報道するのではなく、変な気を使ったということが真相だったということなのだった。

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/02/23/kiji/20170222s00001007379000c.html?feature=related

良く良く写真を見れば、

Youre cut!

Good Luck in Korea.

イチローのサインの筆跡が違うので3人の合作だと解る。

にも拘らず、TBSはイチローの作と判断して、Good Luck in Korea.

の部分を隠してしまったという訳だ。

作成したのはチームメイトのゴードン等でイチロー

「これ(いたずら)で少しでも彼の気が楽になるといいですよね。だって、彼が申し訳ないと思っていることを分かっていますから」と直筆サインをしたという。

TBSとフジテレビは「Good luck in Korea」の部分をヘイト扱いでモザイク処理やテロップ加工で放送しなかったのだから馬鹿げている。